洗車傷をつけない洗車の方法 ~水洗い~

                          

車の塗装にやさしく洗浄

車の塗装に傷をつけてしまう原因は、摩擦力が大きく関わっています。
柔らかいスポンジでも摩擦力が大きければ傷が付きやすくなり、硬いスポンジでも摩擦力が小さければ傷はつきにくくなります。

それと、ドロや砂をスポンジと塗装の間に噛ませない事も、大変重要になります。
それらの硬い物質が塗装をガリガリ削ってしまい、まるでヤスリ掛けをしているようなものです。

これらを踏まえて、洗車傷を付けない正しい洗車方法は、

1,ボディの泥や砂をあらかじめ落とす。
2,バケツに洗剤を泡立てておく。
3,泡と水で優しく洗う。

この3点が洗浄の基本となります。

では、この3点を詳しく説明していきます。

1,ボディの泥や砂をあらかじめ落とす。

車のボディにドロ汚れが付いたまま擦ると、塗装にヤスリをかけている様なものですので、まずはそれらの傷になりやすい物を落とす必要があります。

擦ると傷になりますので、ホースを使い高圧で車の屋根から下の順に洗い落としていきます。
高圧洗浄機が無くても、ホースの先に付いているノズルを調整しある程度の高圧になればそれ大丈夫です。

このように高圧で洗浄しても、落ちる汚れはある程度の大きさ(ミクロン単位の大きさです)がある砂や細かい石くらいで、見た目はほとんど洗浄する前と変わりませんが、この砂や細かい石を落とす事がこの作業の目的となります。
これは、高圧洗浄機を使用しても同じ事で、高圧洗浄機でも、ある程度の大きさがある汚れしか落とすことはできません。

洗う順番は、上から下が基本となり、下から洗浄すると車の屋根の泥が再び下についてしまいますので、二度手間となります。

2,バケツに洗剤をたっぷり泡立る。

摩擦力を少なくするために、たっぷりの泡を用意しますが、泡を沢山作るにもコツがいります。
まずはバケツに洗剤(カーシャンプー)を入れ、その後である程度の勢いでホースか蛇口から水を入れます。
こうする事によって、空気が洗剤と混ざり泡をたくさん作る事ができます。

3,泡と水で優しく洗う。

すでに高圧で洗い落とせる汚れは洗浄済みで、泡も用意できたなら、いよいよスポンジを使って綺麗に洗車をしていきます。

まずは車の屋根から洗車していきますが、
手の届く範囲は限られていますので、4〜6ブロックに分けて順番に洗っていきます。
背の低い車でも脚立があるほうが洗車しやすくなります。

スポンジに先ほど作った洗剤を染込ませ、さらに泡をたっぷり乗せ、円を描かないように一方通行で優しく滑らせ、端まで行ったら一旦スポンジをバケツでジャバジャバと洗い、スポンジに付いた細かな傷の原因となる物を落としてから、再び一方通行で洗浄していきます。
それをブロックごとに行なっていきますが、この一方通行が重要となります。

円を描いたり往復させると、スポンジに付いた汚れで塗装を擦ってしまいますので、洗車傷の原因となります。

一度の工程で汚れが落ちない場合でも面倒臭がらずに、何度もこれを繰り返して下さい。

バケツに作っておいた洗剤が少なくなったら、一度捨てて新しく作りなおして下さい、そのまま洗剤を足すと傷の原因となる汚れが残る事になります。

洗浄後は水をかけて洗剤を洗い落として下さい。
ここまでが正しい洗浄方法ですが、さらにこの後水滴を拭き取り、コーティングという作業が待っていますが、この後詳しく説明させて頂きます。

さらに洗車傷を付けずに洗浄するには

上記の方法で洗車傷は抑える事ができますが、さらに洗車傷を付けたくない場合は、流水をしながら洗車をする方法があります。

やり方は上記の方法と同じですが、スポンジを滑らせる際にホースで水を流しながら行う事でさらに摩擦力の軽減とスポンジに付いた汚れが落ちやすくするというメリットがあります。

洗車傷をつけない洗車の方法 ~準備~

                          

洗車といっても奥が深く、洗浄方法によっては塗装にダメージを与えてしまう事もあります。
よくあるのが、ボディに洗車傷を付けてしまったり、ウォータースポットと呼ばれる頑固なシミの原因作ってしまう事で、これらが付くとピカピカのボディに戻すには相当な労力が必要になります。
そうなる前に正しい洗車方法を身につけて、大切な車をいつまでも綺麗に保って下さい。

洗車に必要な物

スポンジ

ボディの洗車に使用します。
柔らかく弾力のある洗車用のスポンジをお勧めします。
ブラシやタオルを使用するのは傷が付きますのでやめましょう。

ホース

家庭用の普通のホースで十分です、ねじれ防止ホースのような硬いホースは使いにくいですし、ボディに擦れて傷が付く事がありますのでオススメしません。
それと、ホースの先には散水ノズルを付けて下さい、散水ノズルが付いていると高圧で洗いたい場合でも、シャワーで洗いたい場合でも、水を止めたい時も手元で操作できるので洗車が楽になります。

洗剤(カーシャンプー)

ワックス入りだとかコンパウンド入りだとかいろいろ販売されていますが、塗装の事を考えると「中性」で何も添加されていない車用洗剤を使用して下さい。

脚立

絶対に必要な物ではありませんが、脚立があると洗車が楽になります。
ただし、シャンプー等で滑りやすくなりますので、足を滑らせたり、落下には十分注意して下さい。

ブラシ

ブラシはタイヤを洗う時にだけ使用しますが、スポンジでもきれいになります。
タイヤを洗ったスポンジは次もタイヤ専用として使用して下さい。
ボディやホイールは柔らかいスポンジを使用します。

拭き取り用タオル

洗車後の残った水滴を拭き取る際に使用します。
吸水力のある物を選んで下さい。

洗車傷について

洗車傷とは、洗車中にスポンジやタオルで表面を擦った際に出来る細かな傷の事で、見る角度によって丸く円を書いたように傷が見え、塗装がくすんだようになります。
これは、ガソリンスタンド等の洗車機で洗車をした際にブラシで傷がついてしまったり、手洗いの場合でも洗い方が悪いと洗車傷はついてしまいます。

ガソリンスタンドの洗車機ですが、洗車傷が付かないとうたっているものもありますが、洗車機のブラシは改良されているとしても、沢山の車を洗車しているので、その中にはドロドロの車も含まれている訳です、そのドロドロに汚れた車を洗車した後ならば、洗車機のブラシの隙間にドロや砂が残っており、その泥や砂が付いたブラシが高回転で車のボディを擦って行く事で洗車傷が付く場合があります。

手洗いでも洗車傷は付きます。
洗車用のスポンジは非常に柔らかく出来ていますが、その柔らかいスポンジでも傷が付くほど車の塗装は非常にデリケートに出来ています。

スポンジでも傷が付くのに、いったい何で洗浄すればいいの? と思いますよね。
結局、洗車に使うのはスポンジとなりますが、洗車傷を付けない為にはその使い方が重要となります。

商品詳細

商品名:下回り洗浄君
主な材質:ナイロン、ABS、POM、アルミ
サイズ:
高さ 60mm
長さ 910mm
幅 118mm
重量:約370g
日本製

販売価格:5,380円(税込)

【在庫:◎あり】

お支払い方法について

配送方法・送料について

車の下部に付いた融雪剤を洗浄しサビを防止

錆止めのコーティング後のメンテナンスに

下回り洗浄君商標

メールが届かない場合

商品ご注文後に当方から「確認メール」が自動送信されます。

「確認メール」が届かない場合以下の原因が考えられます、
・「迷惑メールフォルダ」に振り分けられている。
・受信拒否設定をされている。
・アドレスの入力間違い

ご確認のうえ、 お問合せフォームより「メールが届いていない」旨のご連絡をお願い致します。

受信設定をされている場合「@daikou-hp.com」のドメインからのメールを受信できるよう設定を変更して下さい。

特許・意匠・関連意匠 画像 塩化カルシウム、塩化ナトリウムの洗浄実験へのリンク画像